ホームページのデザインはコンテツとマッチしている内容で!その内容とは?

よく見られるマッチングされていないデザイン

よく見られるwebサイトの多くは、デザインとコンテツがマッチングされていない内容ですよね。特にブログなどの内容は、その傾向が高くなり、あらゆるジャンルに対応できるデザインがほとんどです。例えば、ビジネスで言えばよく利用されるデザインに高層ビルのオフィスビルが写された写真を利用する事がありますが、ビジネス関係である事は分かってもその内容が分からない事があります。風景などの画像も同じ事が言える物であり、コンテツとまったく関連性が無い事もありますよね。この様な内容と言うのは、ただ情報を伝えるだけのwebサイトとなる傾向が高く、リピータとして再び訪れる効果を損ねてしまう可能性がありますよ。

コンテンツとデザインをマッチングする効果

webサイトを見る人の中には、数秒で全体の内容を把握する方もいます。一瞬見ただけで内容を掴めないデザインは、不満が生じる可能性が高くあり、離脱率を高めてしまう可能性がありますよ。マッチングされているデザインと言うイメージは、一瞬でwebサイト全体のイメージを把握させる事が可能であるため、イメージが前置きと言う予備知識を与え、詳しく内容を読んでいただく事も可能になりますよ。この様な内容は他のマッチングされていないwebサイトと差別化され、強く記憶に刻んでもらう事も出来ます。

デザインとのマッチングは連想ゲームの様に

デザインとコンテツをマッチングさせるには、一工夫考える必要性があります。例えば、コンテツがワイン関係の場合、ワインは葡萄から作られるため、葡萄畑のイラストや写真をデザインで利用する方法もあります。何かしらのサービスを提供しているwebサイトであれば、実際にサービスを利用している方のイメージ写真などを利用する方法もポイントの一つですよ。連想ゲームの様に発想を増やしていけば、多くのヒントを得る事が可能になります。ポイントは、答えを一つに絞らず、あらゆる連想結果を出して行く事であり、これは、競合サイトとの差別化に対するヒントとしての内容についても、考えが多く浮かんで来る可能性があるためです。

レスポンシブデザインはパソコンだけでなくスマホで表示されることも考慮してデザインされています。従来のサイトでは必要だったスマホ対応も不要です。