風評被害の広がるスピードがアップ、インターネット社会の怖さ

風評被害の正しい意味とは?

風評被害とは、根拠のない噂によって請ける被害や損失のことを指します。例えば、事件や事故が起こった際に実際とは異なる報道をされたために、関係のない人が被害や損害を受けてしまうことです。きっかけとして何か悪いことが起こるが、それに対する全くの無関係であったり、巻き添えを食らってしまうことをいいます。風評被害にあった人には何の責任もありませんが、人の口には戸を立てることはできません。何かひとつ悪い噂が立つとどんどんと広がって悪循環してしまいます。

インターネット社会の怖い事件

ネット上の巨大掲示板で、過去に起こった凄惨な事件に関係していたとしてあるお笑い芸人が攻撃をされていました。彼は事件の怒った地域出身で加害者と年代も同じだったため、事件の加害者側だとの噂が広がりネット上での誹謗中傷合戦が始まりました。彼は仕事をすることができなくなるほどの被害を受けました。そして裁判を起こし、誹謗中傷を行っていた人たちを訴えました。ここで怖いのが、誹謗中傷を行っていた側が噂を真実と信じて「自分は正義」と思い、何ら根拠も証拠もなく攻撃をし続けていたということです。

不評被害にあったら早めの対策を

風評被害は誰もがSNSを使用している時代には、あっという間に広がっていきます。いまはネット上の風評被害の地サクを行う会社も出来てきました。検索エンジンに出てくる関連ワードを非表示にしたり、特定の関連ワードを監視することによってネガティブな情報をいち早く発見し対策を打つことが可能です。また、現実的に被害がでている場合は弁護士に相談することも大切です。社会的に間違った噂で誹謗中傷を受けているということを証明するのはとても大切なことです。

誹謗中傷対策は、インターネット上の掲示板から情報が流れた際に有効的な事が多く、逆SEO対策を行うと対処がしやすいです。