自宅のプライバシーを確実に守る方法について。

窓に取り付けるアイテムの活用。

自宅のプライバシーを守ることは、空き巣やストーカーなどの犯罪被害に遭わないためにも重要なことです。まずは、自宅の内部が外からうかがうことができる窓に関して、プライバシーを守る必要があります。窓に関してはカーテンを取り付けることはもちろん、窓を開ける機会が多くなる夏場は、窓の外部にすだれなどをかけたりして、風が吹いてカーテンがめくれてしまっても自宅の内部が見えないようにすることが必要です。夜間はより外部から内部が見えやすくなるので、早い目に窓を閉めて厚いカーテンを使用したり雨戸を閉めたりすることも大切です。

洗濯物の干し方について。

外に干した洗濯物は、家族構成や住んでいる人の性別を知るための大きな手がかりになります。子どもの洗濯物が目に付くところにあれば、母親が若い人だと想定されたりしますし、洗濯物の数が少なければ、一人暮らしだということが想定されて自宅に不在の時間が長いということが考えられます。洗濯物を外に干す場合は、外部から目立ちににくい場所に干したり、特に女性や高齢者の一人暮らしならば、他の住人が同居しているように見せかけるために、洗濯物を増やして干すということもいいと思われます。

自宅周辺の物の片付け。

自宅の庭など、自宅周辺には子どもの乗り物や、高齢者が使用するシルバーカーなどを置いているお宅も多いと思いますが、それらはその家の家族構成を判断できるものになります。また、自宅の周辺が雑草や不要なもので荒れていたりすると、生活にだらしないという性分までわかってしまい、空き巣などのターゲットにされやすくなります。自宅の周辺の所有物も目に付かないところに片付け、定期的に掃除などをすることによってプライバシーを守れる家にしていきましょう。

シュレッダーとは、読まれたくない大切な情報がかかれている紙を細かく刻む機械のことで会社などで使われています。