大事な記録を自分で守る!!パソコンの修理

パソコンが壊れたら冷静に!!

長い間使っていたパソコンが突然つかなくなった、いきなり止まるようになったという体験をした人は案外多いのではないでしょうか?買い替えたいけど中には大切な写真や書類が入ってて、全部消すのはという体験をした人もいることでしょう。しかしパソコンは壊れてもデータが残っている場合もありますし、万が一記録している部品が壊れていてもデータを取り出すことというのは可能な場合が多々あるのです。パソコンに詳しくないのに壊れてしまった。そういう人こそ間違った選択をしないよう冷静にならなくてはならないでしょう。

壊れた場合のほとんどでデータは壊れてない!

まずパソコンが壊れたときに、動かなくなったときというのは記録している装置であるハードディスクとは別の部分が壊れていることがほとんどです。例えばパソコンを冷やす為の装置が壊れてしまった為に熱で溶けるのを防止する機能が働いて起動しなくなっていたり、電気を供給する装置が故障してまったく動かなくなっていたりいう風にです。逆に言えばそれだけを直してしまえば普通にパソコンは動き、データも普通に使えるようになるでしょう。またハードディスの故障でもソフトウェアが悪ければデータを取り出すことは可能ですし、もしこ機械自体が壊れていたとしても一部のデータが壊れているだけで他はなんとな取り出すことが出来るということもあります。少し詳しい人なら市販の内蔵型ハードディスクをUSBに変換するコードを買ってもいいですし、詳しくない人なら修理を依頼する業者さんにお話してみるといいのかもしれません。

大丈夫なつもりが!?修理での注意点

しかしデータが取り出すことが可能だからと安心してはいけません。取り出したり大丈夫だったデータが戻らないということもあるのです。例えば諦めて全部買い換えてしまったら当然データは戻りませんし、OSが悪いからと入れなおしたら間違えて全部データを消してしまってということもあります。また修理に出した場合にハードディスに故障があれば交換されますからデータは戻って来ません。それを防ぐには自分でハードディスクを取り出してから修理に出しましょう。仮に故障したハードディスクからデータを取り出したとしてもそのデータは実は壊れていてそれが新しいエラーや故障を招くこともあります。そのように単純なデータの復旧といっても色んな注意点があるのです。いずれにしても大事なのはちゃんとデータが残って復旧可能だということを念頭において冷静に対処することでしょう。

パソコンの修理とは、故障して動かない、あるいは不具合のあるパソコンを直すことです。物理的に故障した際、パーツを修理することは困難なことが多いので、ほとんどの場合は故障したパーツを交換します。